2月 21, 2011
admin

狂犬病ワクチンは高すぎる!?原価と仕入れ価格と技術料

先ほどの「狂犬病ワクチンについて「副作用と免除」で調べていると、狂犬病ワクチンは実は、かなり技術料が高い!

公益財団法人「どうぶつ基金」によると、

狂犬病ワクチンの原価も1頭当り¥100以下です。(獣医師の仕入れ価格は約300 円)注射の技術料がついて¥3,000程度になりますが、飼主を呼び出して1日に何十頭も 集合注射をしてこの価格は異常に高額です。狂犬病予防のためにワクチン注射が必要 であると言うなら、価格をなるべく安くして普及に力を入れるのが筋でしょう。

とのこと。
狂犬病ワクチンの原価100円以下で獣医師の仕入れが300円。
私たちは3000円(仕入れ価格の10倍)というのは、異常なほど高額です。
「技術料など」の部分で2700円。

年間500万頭以上の犬が狂犬病ワクチンを接種していることを考えると、「技術料など」の部分で
2700×500万頭=135億円

う~ん。
ちょっとやりすぎではないでしょうか・・・
大切な家族が露骨なお金儲けの対象になっているような気がする。
本当に普及させるつもりないんじゃないか?と思えてしまいます。

ads

Leave a comment

Ads

カテゴリー