5月 16, 2011
admin

飼いネコの始まりはエジプト

犬が人に飼われていたのは1万数千年も前から。
猫が人に飼われた歴史は、犬に比べると短く数千年程度です。

猫はもともと森などでひっそりと単独で生活をし、人間にはなかなか慣れない性質でした。

現在の飼いネコは、紀元前4500年ごろにアフリカにいた『リビアヤマネコ』が元になったと考えられているそうです。

紀元前100年ごろには、エジプトを侵略した古代ローマ軍がネズミ取りとして船に猫を乗せたのが飼いネコが広がるきっかけになったそうです。
日本には平安時代にネコが入ってきました。
寺では、経典をネズミから守ったり、仏教の守護者として大切にされてきました。
平安時代の一条天皇はネコ好きで「ネコをいじめてはいけない」という禁止令まで出しました。
源氏物語や枕草子にも貴重なペットとして飼われていた様子が描かれています。

私達が生まれるずっと前から、犬も猫も人間と共に生活してきたのですね。
今でも、犬も猫も家族のように飼われて大切にされていますね。
が、一部の人間が犬や猫などのペットを捨ててしまったり、虐待したりしてしまうことはとても悲しいことです。

犬のことを書くブログなのに、今回は猫のことを知ることができたので、書いてみました。

ads

Leave a comment

Ads

カテゴリー