Browsing articles in "犬と日記"
4月 13, 2011
admin

「パン食べさせろ!」の犬たち

「パンを、私達にもちょうだい!!!!」の顔。
何か食べていたら、必ず3頭の集団で「くれよ!くれってば!!」って寄ってくる。

ミニピン マルとあん

ミニピン マルとあん

ミニピン マルとくぅとあん

ミニピン マルとくぅとあん

こんなときは、ものすごく元気で期待の眼差し。
あまりにも「くれ!くれ!!」がしつこいと怒られる。
最終的には、パンが落ちてくるのを待っている。

「うるさい!!」と感じつつ、来なかったら来なかったで、さみしかったり・・・
体調悪いのかな?とか心配になったり・・・

元気なのが一番だけど。
もう少し厳しくしないとなぁ~と思う今日この頃。

3月 17, 2011
admin

犬に図書館の本を齧られた・・・

現在7ヶ月のあん。
最近、しつけの効果でいい子にしてくれるようになってきた!
と思っていた矢先に。。。

油断してしまったために、図書館から借りていた本を犬に齧られてしまいました。

ミニピン あん

ミニピン あん

図書館の本なのに・・・
もう、これは弁償しなくては・・・
犬嫌いな方もいますしね。

今日、図書館に新しい本を買って謝りにいってきました。
破損届というものを書いて、新しい本を返却しました。
が、なんとも申し訳ない気持ちに。
図書館の方、申し訳ありませんでした。

3月 8, 2011
admin

ヤンチャすぎる我が家のミニピン あん

毎日、家で手を焼いているヤンチャすぎるミニピンちゃんです。

ミニピン あん

ミニピン あん

あん(三女)は我が家に来て、4ヶ月目。
上の写真の感じで激しい戦闘を日々繰りひろげています。
手前の見切れているワンコは、長女のマル3歳です。

マルはあんの元気の良さに疲れ気味↓↓

ミニピン マル

ミニピン マル

ばてちゃってます。

マルは3.5kgで、あんは4.4kg(生後7ヶ月)。
遊びたい盛りのあんは、明日もマルにちょっかいをかけ、私の仕事を邪魔してくれるのでしょう・・・
(元気なのはいいことなんですが。。。)

2月 24, 2011
admin

亡くなった犬をどうすれば・・・

昨年末、犬が亡くなってしまった家の話です。
その家は、奥さんの田舎のご近所さんで十数歳になる老犬とお婆さんで暮らしていました。

お婆さんは、足が悪くあまり出歩けない方でした。
飼っていた犬が亡くなってしまって、お婆さんはどう埋葬してあげればいいかわからず困ったそうです。
ちゃんと埋葬してあげたいけど、どうすればいいのかわからなかったのです。
庭に穴を掘って埋めてあげようとしたのですが、雪で土も硬くお婆さんの身体では穴が掘れなかったのです。

とても小さな町で、犬の火葬をしてくれる業者はありません。

役場に連絡してみたところ、
「燃えるゴミの日にタオルか何かにくるんで捨ててください。」
と言われたそうです。

お婆さんはとても悩んだ末に、犬の体が腐敗してしまうのもかわいそうで「燃えるゴミの日」に出したそうです。
愛情をもって育ててずっと一緒に生活していた家族の最後をこのような形で終わらせてしまってお婆さんはとても心を傷めていたそうです。
こんな時、どうしたらよかったんでしょうか。

2月 21, 2011
admin

狂犬病ワクチンは高すぎる!?原価と仕入れ価格と技術料

先ほどの「狂犬病ワクチンについて「副作用と免除」で調べていると、狂犬病ワクチンは実は、かなり技術料が高い!

公益財団法人「どうぶつ基金」によると、

狂犬病ワクチンの原価も1頭当り¥100以下です。(獣医師の仕入れ価格は約300 円)注射の技術料がついて¥3,000程度になりますが、飼主を呼び出して1日に何十頭も 集合注射をしてこの価格は異常に高額です。狂犬病予防のためにワクチン注射が必要 であると言うなら、価格をなるべく安くして普及に力を入れるのが筋でしょう。

とのこと。
狂犬病ワクチンの原価100円以下で獣医師の仕入れが300円。
私たちは3000円(仕入れ価格の10倍)というのは、異常なほど高額です。
「技術料など」の部分で2700円。

年間500万頭以上の犬が狂犬病ワクチンを接種していることを考えると、「技術料など」の部分で
2700×500万頭=135億円

う~ん。
ちょっとやりすぎではないでしょうか・・・
大切な家族が露骨なお金儲けの対象になっているような気がする。
本当に普及させるつもりないんじゃないか?と思えてしまいます。

2月 8, 2011
admin

ペットオーナーの皆さんにお願い。

転載記事です。
転載元は、猫2匹とママ一匹

転載にご協力おねがいします。
多くの人に読んでもらいたいのです。

主にノミやチックを退治するとして売られている
シャンプーや体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし、
pyrethrins か、pyrethroids.
という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。

ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、
いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、
毛がはえてこなくなったり、という被害にあってることがわかりました。

日本でもきっとこれらの
のみとりのシャンプーや、蚤取りの薬は発売されてると思います。

絶対、絶対つかわないでください。
おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。

商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz

Pet Products Investigation


海外の商品で、2009年3月の記事なので、もう売っていない商品かもしれません。
誰かが間違って買ってしまう、売ってしまうリスクを少しでもなくすことができれば、と思いいまさらながら転載に参加させていただきました。
犬に身につけるものは、成分をしっかり確認することが大切ですね。

1月 15, 2011
admin

犬用シャーベットで大騒動

我が家のミニチュアピンシャーが2頭飼いだったころの話です。

ミニチュアピンシャー マルとくぅ

ミニチュアピンシャー マルとくぅ

犬の散歩終了後に犬用のシャーベットをあげて起きた大騒動。

その日は暑かったので、散歩から帰ってきてすぐに、以前買ってあったペット用「わんわんシャーベット」っていうゼリーを凍らせるとシャーベットになります的なものを、凍らせてあげてみたんです。

犬用(ペット用)シャーベット

犬用(ペット用)シャーベット

最初は初めての味うシャーベットをおそるおそる舐めてて、微笑ましくみてたんです。
でも、2頭とも3kgほどの小型犬で、シャーベットは少し大き目だったのです。
「食べやすいように少し小さくしてあげよう。」と思ったのですが。
それが間違いでした・・・

シャーベットに手を出した瞬間。
「ヤバイ!とられる!!」
的に、マル(ストーブに近い方)がシャーベットを咥えて逃げた!!
さらに逃げた先で、気合いの丸飲み!!
そして、咽ながら、突然ぶっ倒れた!!!

!!!!!!!!!!

慌てて、犬を抱えて背中をたたくと、なんとかシャーベットは喉を通ったようで、びっくりした顔をしつつ、すぐにもう1頭の「くぅ」が食べているシャーベットを奪いにいった。(奪わせはしないけど!)

どうやら、シャーベットが喉に詰まって息できなかったみたい。

良かれと思った行動が裏目に・・・余計なことしちゃいけませんね。

私が犬を飼って今までで一番の冷や汗をかいた事件でした。
ワンコが、なんともなくてよかった。。。

12月 13, 2010
admin

犬の歯が折れる。。。病院へ!

まだうちに来たばかりのミニピンの三女「あん」が早速やってくれました。
ゲージから出して欲しくて、ゲージの入り口部分を齧りまくっていたのですが。。。
急にキャインという鳴き声が!
見てみると、しきりに舌をペロペロと・・・

口の中を見てみると、犬歯が1本折れてる~。

その日の動物病院はやっていない時間だったので、1日様子をみて病院へ。

結果は
「乳歯なので問題ない。」
とのことでした。
とりあえず、よかったぁ。

しかし、大人の歯(永久歯)なら歯の神経を抜いたり治療が必要になるというお話でした。
(人間の歯の治療とほとんど同じだそうです。)
しかも、犬の歯科は札幌で1ヶ所しかやってくれるところがないそうです。
治療費も10万円~かかるとのこと!!

犬の歯には、気をつけましょう。
しっかり歯磨きもしたほうが良いですね。

12月 12, 2010
admin

ミニピンの新しい家族が増えました。

先週、新しい家族が増えました。
ミニピンの「あん」です。

新しい家族 ミニピン あん

うちのミニピンの三女として迎えることとなりました。
現在3ヶ月半です。
写真はたくさん撮ったのですが、麻呂(?)の部分が小さすぎて、真っ黒な写真ばかりに。。。

ものすごくやんちゃで元気なあんです。
賢い犬なのですが、もうモノを壊しまくっています・・・
そして、早くも事件が・・・病院へ!

10月 26, 2010
admin

お世話になったペット葬儀屋さん「さっぽろ優ペット霊園」

先日、実家の愛犬が亡くなったでお世話になったペット葬儀屋さんをご紹介したいと思います。

札幌のペット葬儀屋さんで「さっぽろ優ペット霊園」というところです。
火葬場は、石狩の山奥(?)でちょっと遠いのですが、周りが畑で囲まれて火葬場としてはとても良い場所に思えました。
落ち着いたのどかな場所という雰囲気です。

山奥過ぎて、「どこに連れてかれるの??」みたいに思いましたけど。大丈夫でした。

料金は、うちが小型犬だったので安い方だったと思いますが、一頭だけの個別葬儀で2万3000円くらいでした。

合同葬や供養、合同埋葬もされているみたいです。
犬や猫を飼っている方は覚えていてくれると、この葬儀屋さんは間違いないと思いますよ。

「さっぽろ優ペット霊園」さんのホームページもあるので見てみてください。
コンテンツがほとんどないので、わかりにくいかもしれませんが・・・

「さっぽろ優ペット霊園」サイト

ページ:«123456»

Ads

カテゴリー