12月 16, 2010
admin

犬のクリスマスケーキ&おせち

わんちゃんたちのクリスマスケーキやおせちが売れているそうです。
なんだか、人間よりもずいぶんいい生活してるんじゃ・・・
検索してみると、おいしそうなケーキやおせちがたくさん。。。

たとえば、こんな犬のクリスマスケーキ↓↓
犬のクリスマスケーキ

犬のおせちはこんなの↓↓
2011年 犬のおせち

ケーキもおせちもおいしそう!
羨ましい!!!
他にも、年越し蕎麦なんてのもありましたよ。

もし、おうちのわんちゃんにケーキやおせちの購入を考えている方は、使っている材料に、注意してあげてくださいね。
(中には、犬のことは全く知らない人が作ってて、使っちゃいけない食品を使っていることもあるそうです。)

12月 15, 2010
admin

ドックカフェがある高速サービスエリア

ちょっと古い話ですが、東名高速道路の足柄サービスエリア(SA)で日本初のサービスエリアにドックカフェがお目見えした。
ドッグカフェ「フラドッグ」。
足柄サービスエリア(SA)

犬を連れて遠出するとき、途中でみんなでごはんを食べられるのはうれしいですね。
特に夏の暑い日は、車の中で犬だけで留守番させておくのは不安ですもね。

北海道の高速道路サービスエリアでは、犬の散歩をしている人が多いです。
北海道でも、需要はありそうな感じがします。
どこかのサービスエリアでドックカフェ入れてくれないかな~

犬と一緒に行動できる場所が増えると、旅行もしやすいですね。
(そういえば、犬飼い始めてから旅行に行くことがなくなったなぁ・・・)

12月 13, 2010
admin

犬の歯が折れる。。。病院へ!

まだうちに来たばかりのミニピンの三女「あん」が早速やってくれました。
ゲージから出して欲しくて、ゲージの入り口部分を齧りまくっていたのですが。。。
急にキャインという鳴き声が!
見てみると、しきりに舌をペロペロと・・・

口の中を見てみると、犬歯が1本折れてる~。

その日の動物病院はやっていない時間だったので、1日様子をみて病院へ。

結果は
「乳歯なので問題ない。」
とのことでした。
とりあえず、よかったぁ。

しかし、大人の歯(永久歯)なら歯の神経を抜いたり治療が必要になるというお話でした。
(人間の歯の治療とほとんど同じだそうです。)
しかも、犬の歯科は札幌で1ヶ所しかやってくれるところがないそうです。
治療費も10万円~かかるとのこと!!

犬の歯には、気をつけましょう。
しっかり歯磨きもしたほうが良いですね。

12月 12, 2010
admin

ミニピンの新しい家族が増えました。

先週、新しい家族が増えました。
ミニピンの「あん」です。

新しい家族 ミニピン あん

うちのミニピンの三女として迎えることとなりました。
現在3ヶ月半です。
写真はたくさん撮ったのですが、麻呂(?)の部分が小さすぎて、真っ黒な写真ばかりに。。。

ものすごくやんちゃで元気なあんです。
賢い犬なのですが、もうモノを壊しまくっています・・・
そして、早くも事件が・・・病院へ!

12月 4, 2010
admin

ミニピンの洋服専門店を発見!

ミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスター・テリアの洋服、グッズ等を専門に販売しているお店がありました!

そのお店はhanger’s<ハンガーズ>

カワイイ服ばっかり。
もう売りきれてたけど。コレ欲しかった~!
hangers ミニピンの服

そして何より、お値段が安め。

犬の服って下手したら人間の服よりもお高めです!

サイズも豊富で、首回り、胸回り、着丈のセミオーダーも無料でやってくれるようです。

今度服買うときは、Hanger’sさんで買ってみようと思います。

11月 30, 2010
admin

ミニピンが大型犬に襲われ亡くなる。

ミニピンが散歩中に襲われた。


2010年10月9日午前6時20分ごろ、愛知県豊橋市大岩町車田の市道で、近くの無職女性(76)が小型犬のミニチュアピンシャー(雄5歳、体長約40センチ)と散歩していたところ、突然黒い大型犬が現れ、ミニピンの腹にかみついた。
ミニピンは死に、止めようとした女性も両手首をかまれ軽傷。
大型犬は南へ逃げた。県警豊橋署が住民に注意を呼び掛け、大型犬を捜している。同署によると、大型犬は毛が短く、首輪は付けていなかったという。(毎日.jp参照)


ミニピンは、亡くなってしまったのです。
わずか5歳の短い命。
もし、うちのミニピンだったら。。。と思うとぞっとします。
飼い主の女性は、本当に悲しい思いをされているでしょう。

襲った大型犬が悪いか。と言えば、単純に悪い!とも思えない。

悲しいニュースです。

11月 11, 2010
admin

犬の自殺名所?

「犬が飛び降り自殺する橋」として世界的に有名になってしまった橋があるそうです。↓↓

オーバートンブリッジ

オーバートンブリッジ

イギリスはスコットランドの邸宅と街をつなぐ橋「オーバートンブリッジ」では、なぜか犬が飛び降り自殺してしまう。
1950年代から犬の飛び降りが起こり始め、現在まで50頭以上の犬が命を落としている。(橋の高さは13m)
特に晴れている日が多い。

動物行動学者ジョイス・スチュワートさんによると、
「犬の自殺など考えられません。犬は通常どこかへ飛び降りる前に高さや深さを目測する能力があります。死期が近いことを悟った犬がどこかに身を潜めるということはありますが、犬が自殺する話など聞いたことがありません。」
と犬の自殺に首を傾げる。

スコットランド動物虐防止協会のスポークスマンは、犬の自殺説をまっこうから否定。
犬が橋から飛び降りるのは、飼主の管理不届きに原因があると指摘している。
「その橋の周囲に犬の興味を惹く何かがあるのかもしれません。」

犬が橋から飛び降りてしまうのは、霊的な現象なのではないか?
と考えられた。
(さすがイギリス!)

その背景には、1994年にケヴィン・モイが生後2週間の自分の息子を反キリスト教者としてこの橋から放り投げた事件があった。
その事件後、橋に霊的なものが潜んでいるのではないのか?
と考えられた。

なぜ、橋から犬が飛び降りてしまうのか?
動物行動学者が検証したそうです。

犬は、飼い主の気持ちを察して行動したり影響されたりする。
飼い主が、うつ状態であれば、犬も気持ちを察し、影響されうつ状態になることがある。
うつ状態になった犬が、飼い主の代わりに橋から飛び降りた。と仮説が持ち上がった。

しかし、飼い主にうつ状態だった人はいなかった。

そこで、川で繁殖している動物たちを調べてみた。
川には、多くのネズミやミンクが繁殖していた。
さらに調べてみると、犬は、川に繁殖しているネズミなどの動物よりも、ミンクのにおいに最も反応を示した。
ミンクについて調べると、「オーバートンブリッジ」の下に流れる川では、1950年代頃から繁殖を始め、その後、大繁殖していたことがわかった。
ミンクは、縄張り争いの際に、肛門からにおいを発する。
そのにおいが強力で、13mも上の橋まで届き、犬が本能的に反応し橋から突然、飛び降りる。
という行動をさせてしまったのだそうです。

現在、「オーバートンブリッジ」では
「危険な橋。犬の散歩の際には、絶対リードを離さないで!」
という看板を立てて対策している。

結局、「ミンクの強力なにおい」と「犬の嗅覚の良さ」が最悪の条件になって引き起こされたのです。
犬もミンクもいつもの生活・反応をしているだけなのに、条件次第でこんな悲惨な事件になってしまう。
今後、飛び降りてしまう犬がいなければいいと、本気で思います。

11月 4, 2010
admin

犬の飼い主検定(動物愛護社会化検定 基礎級試験)

「犬の飼い主検定」というものがあるそうです。
別名「動物愛護社会化検定 基礎級試験」という検定試験。

試験内容は、幅広く、

  • 犬の歴史・生態
  • 犬に関する文化
  • 犬に関する法律・法規
  • 犬の飼い方・しつけ・マナー
  • 犬の健康管理・メディカル

などに関する問題が100文前後出題される。

試験時間は90分。

受験料金は、3,000円。
受験料金には、家族割引(?)も有り!

  • 2人で受検⇒2名様あわせて5,000円!
  • 3人で受検⇒3名様あわせて7,000円!
  • 4人で受検⇒4名様あわせて9,000円!

犬の飼い主検定(動物愛護社会化検定 基礎級試験)

面白いですね。
犬を飼っている人なら役立ちそうですね。

11月 3, 2010
admin

背筋を伸ばして歩くミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャー ルル

散歩のときに、背筋を伸ばして、手にはハンドバックをもって歩く犬がいるそうです。
このミニチュア・ピンシャーは、中国の河南省のルルちゃん。
何かきっかけがあったわけではなく、なぜ後ろ脚2本で歩くのか、わからないそうです。

背筋を伸ばして、手にはハンドバックをつけて歩くミニピンのルルちゃんの姿を遠くからわざわざ見に来る人もいるそうですよ。

確かに、外国じゃなかったら、遠出しても一度は見たい気がします。
ミニピン好きには、たまらないかわいさです。

10月 26, 2010
admin

お世話になったペット葬儀屋さん「さっぽろ優ペット霊園」

先日、実家の愛犬が亡くなったでお世話になったペット葬儀屋さんをご紹介したいと思います。

札幌のペット葬儀屋さんで「さっぽろ優ペット霊園」というところです。
火葬場は、石狩の山奥(?)でちょっと遠いのですが、周りが畑で囲まれて火葬場としてはとても良い場所に思えました。
落ち着いたのどかな場所という雰囲気です。

山奥過ぎて、「どこに連れてかれるの??」みたいに思いましたけど。大丈夫でした。

料金は、うちが小型犬だったので安い方だったと思いますが、一頭だけの個別葬儀で2万3000円くらいでした。

合同葬や供養、合同埋葬もされているみたいです。
犬や猫を飼っている方は覚えていてくれると、この葬儀屋さんは間違いないと思いますよ。

「さっぽろ優ペット霊園」さんのホームページもあるので見てみてください。
コンテンツがほとんどないので、わかりにくいかもしれませんが・・・

「さっぽろ優ペット霊園」サイト

ページ:«1...1213141516171819»

Ads

カテゴリー