Browsing articles tagged with ""
3月 24, 2012
admin

【動画】大量のテニスボールで遊べない犬

【動画】大量のテニスボールで遊べない犬

始め1個、2個のテニスボールが投げられて、喜んで遊んでいる犬。
次第に、雪崩のように投げ込まれるテニスボール。
犬は、あまりのことに一瞬テーブルの下に逃げ込みます。
それでも、やっぱりテニスボールが好きなんですね。

3月 23, 2012
admin

テニスボールを3つも咥える犬

【動画】テニスボールを3つも咥えるゴールデンレトリーバー

かわいい顔になってる!!
和みますねぇ~

さらに、テニスボール4つ咥えるビーグルも!!

ちょっとテニスボールが小さいのかな??
かわいいですね~

3月 22, 2012
admin

【動画】ピアノ弾き語り犬

【動画】ピアノ弾き語り犬

ピアノを弾いて歌っているように見えませんか?

3月 21, 2012
admin

【動画】コーギーのかまくら作り

【動画】コーギーのかまくら作り

雪山にかまくらを一生懸命掘るコーギーのゴローちゃん。
癒されます。

3月 4, 2012
admin

ミニチュアダックスフント12匹置き去り

保護されたミニチュアダックスフント

保護されたミニチュアダックスフント

保護されたミニチュアダックスフント

保護されたミニチュアダックスフント

保護されたミニチュアダックスフント

ミニチュアダックスフント12匹を大阪府松原市の自宅に置き去りにし動物愛護法違反(遺棄)の疑いで堂地唯(どうちゆい)容疑者(24)を2月29日に逮捕。
近所の人から通報で警察が様子を見に行ったところ、12匹のうち9匹が脱水症状などで死亡していた。
堂地容疑者は「閉じ込めていないし、ご飯もあげに帰っていた」と、容疑を否認。

生きていた3匹は動物愛護団体が保護した。

動物愛護法違反の罰則

  1. 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
  2. 愛護動物に対し、みだりに給餌〔じ〕又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
  3. 愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

この置き去りにした場合の動物愛護法違反の罰則は、50万円以下の罰金です。
ほとんどの場合、50万円以下ということは数万円~30万円程度の罰金ですんでしまうそうです。
動物愛護法違反の罰則は軽すぎると思いませんか?

2月 27, 2012
admin

【動画】トイレの音に反応する犬(ヨークシャーテリア)

トイレの音に異常な反応を見せるヨークシャーテリア

水洗トイレの水を流すと、ものすごい勢いでトイレに入り吠えるヨークシャーテリア。
何かが気に食わないんですねww
かわいいけど、このくらいの音でこんだけ暴れん坊になると大変ですね・・・www

2月 22, 2012
admin

金融危機でこんなことさせられている犬

最近、ギリシャの支援が決まったりしていますが、経済がおかしくなると、人間だけでなくいろいろなところで犠牲になるものがある。
ポルトガル国債についてのニュース中でこんな画像が・・・

ミニピン ポルトガルニュース

ミニピンがお金を入れてもらう用のペットボトルを咥えさせられて座らされている。。。
すごく悲しい。

犬のご飯のためにやっているならいいな・・・

2月 18, 2012
admin

カナダでピンシャーなどの断耳禁止

ピンシャー 断耳(クロッピング)

2012年2月10日カナダ西部マニトバ州の獣医師協会は、イヌの耳の一部を切除し整形手術「断耳」(クロッピング)を禁止すると発表。
カナダ西部では、初めて「断耳」(クロッピング)を禁止する州となった。

断耳(クロッピング)とは
皮膚と軟骨を取り除き、耳の形を整える手術。
耳全体の半分近くを切除し、傷口が治るまでそえ木や保護カップなどで固定して「耳を立たせる」ための成形手術。
この整形手術がされる犬種は、グレートデン、ドーベルマン、 シュナウザー、ボクサー、ミニチュア・ピンシャーなど。

カナダ西部マニトバ州の獣医師協会では、「断耳」(クロッピング)を
「イヌ科の動物には不必要で、医学的なメリットはない。
余計な痛みやストレスを与えるだけだ。」
としている。

この禁止措置はブリーダーから反対の声もある。
「断耳」(クロッピング)には、垂れた耳が怪我をしたり、千切れたりするのを防いだり、
耳の通気を良くすることで、耳が化膿することを防ぐ実用的な効果があるという。

ミニチュア・ピンシャーと生活している私個人としては、
普通にパートナーとして生活している上では、クロッピングしなくても実生活でなんらかの不便はないのでいいかと思ったり。
耳が千切れたりなんてなったときは、してあげればよかった!!
と思いそうな気もしますが・・・
考え方・感じ方は人それぞれですね。

2月 17, 2012
admin

家庭どうぶつ白書2011

アニコムグループの家庭どうぶつ白書にて、犬や猫の品種別の病気統計や分析が公表されています。
2011以外にも過去のバックナンバーもネットでダウンロードしてみることができます。(PDF)

読むだけで勉強になります。
動物病院の先生なんかも参考にする資料だそうです。

いろいろ見ていると犬種によって気をつける病気がかなり違います。
ピンシャーだけ少し抜粋すると、

肝・胆・膵疾患が多い品種3位。罹患率は6.5%
犬膵特異的リパーゼ検査結果が高値(++)またはやや高値(+)の割合:2位で47.7%
犬(0~10歳)平均は31.6%

高値(++):400μg/L以上(膵炎の可能性が高い)
やや高値(+):201~399μg/L(膵炎の可能性がある)
基準値範囲内は200μg/L以下

だそうですよ。怖いですね。
定期的に健康診断してあげようと思いました。。。

人間と犬・猫の数のグラフも掲載されていました。
2010年だけみると、
日本の犬の数は1,186万頭。
日本の猫の数は961万頭
15歳未満の子供は1,696万人
犬と猫の数を合わせるだけで、15歳未満の子供の数を451万も上回ります。

すごい数ですね。
ペット産業が1兆2500億円にのぼるのもわかりますね。

2月 15, 2012
admin

犬の血便(ストレス)4日目~

犬の血便(ストレス)初日~3日目の続きです。
我が家のミニピン くぅ(3歳)がペットホテルに預けられたストレスで下痢・血便・食欲なくなってしまった話です。

3日目の夜からまる(4歳)も下痢気味に・・・
水のような状態ではなく、泥のような状態。
血便はなし。

4日目の朝かかりつけの動物病院に電話して、11時に予約し診察。

くぅは、2回目の診察で、朝食も食べなかったため、点滴(栄養剤と薬)してもらうことになりました。
夕方迎えに行くことに。

まるは、1回目の診察で、朝食は仕方なく食べている感じでしたが、食べていたので腹部の触診と持ち込んだ便の検査をして薬を処方してもらいました。

くぅは夕方迎えに行くと、元気な顔になっていました。
帰ってきてから、1度下痢していましたが、血便はなし。
点滴をしたので、大量におしっこしていました。
食欲も戻ってきたようで、夕食は食べてくれました。
夜中に1度下痢(泥状態)をしていましたが、回復してきているみたいです。
5日目、下痢の頻度は半分以下(今日3回)になりました。
ご飯も朝晩しっかり食べてくれました。

まるは、薬を飲んでいるのですが、下痢は変わらず。
食欲は、回復してきているみたいです。
下痢の頻度はくぅと同じ(今日3回)くらい。
まだ、薬を1日半分しか飲んでいないので、様子見です。

明日は、
「一度くぅとまるの様子を見せに来て下さい。」
と先生に言われているので、再診療に行ってきます。

ページ:«123456789...15»

Ads

カテゴリー