Browsing articles tagged with " FOOD"
7月 7, 2014
admin

中国産のジャーキーで5600頭以上被害 他にもいろいろな被害が!

中国産のジャーキーで5600頭以上被害 1000頭以上死亡

アメリカでペット用ジャーキーを食べた犬が体調を崩したり、死んだりする被害が相次いでいる。
メーカーは複数あり、症状もバラバラ。
中国産でつかわれている原料に原因があるとみて、米食品医薬品局(FDA)は、原因解明を進めている。
また、むやみに中国産のジャーキーを与えないように注意勧告している。
米議会の公聴会で17日に証言したFDAのフォーファ副部長によると、ジャーキーによる被害は2007年から出始め、今年5月までに4800件の届け出があった。
犬5600頭以上が食後に吐いたり、下痢をしたりして1000頭以上が死んだ。6割は胃腸の疾患、3割は腎臓や膀胱に異常があった。

—–

中国産のペットフードについても、ずっと言われていますね。

ホワイトハウス犬「ボー」が中国産ペットフードに「ノー」、米国で規制の声高まる―米紙
米食品医薬品局(FDA)は鶏肉を原料とする中国産のドッグフードによりペットの犬が病気になったり、ひどい場合は死亡する可能性があると警告した。中国の家禽類は伝染性ウイルスを保持している可能性が高いにもかかわらず、今のところ中国産ペットフードを規制する制度はないという。こうしたなか、米国に輸入された中国産ドッグフードは2003~2011年で85倍に増えた。
上述の非営利団体フード&ウォーター・ウォッチは「食品の安全制度が確立されるまでは、ペットフードいかんにかかわらず中国産食品は輸入を禁止すべきだ」としている。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=63641参照

何年か前には、アメリカで犬用のおもちゃからも有害物質が検出されて問題になっていました。

2007年のペットフード大量リコール事件(wikipedia)というのもありました。

我が家でも、犬のために買うものは、必ず原産国を見るようにしています。
安くても中国産は避けてしまいます。
体調崩してつらい思いさせて、病院代かかってなんて考えたらちょっと高くても仕方ないかなと。

7月 29, 2012
admin

犬のサプリメント ロイヤルカナン緑イ貝がきれた・・・変わりの商品探し

うちでは、犬の膝関節が悪くならないために、サプリメントをロイヤルカナン緑イ貝・タブをいつも飲ませています。
なくなったら病院で2、3個買いだめしていたのです。
コレ↓

ロイヤルカナン 緑イ貝タブ

ロイヤルカナン 緑イ貝タブ

3ヶ月前くらいにもらったものがついになくなりました。

また、買おうかと思ったのですが、どこのお店も在庫切れだとか・・・
私が聞いた話では
原産国オーストラリアで鳥インフルエンザだかがはやって、輸出規制がかかっているとか。

個人ではどうしようもないので。。。
代わりのサプリメントを探すことに。
ネットでみていると、「ペットゴー 緑イ貝SD」って商品がありました。

ペットゴー 緑イ貝SD

ペットゴー 緑イ貝SD

タブではなく、錠剤になってしまいますが、
商品説明に、
●ロイヤルカナン緑イ貝タブ1粒の1/2量が、本製品1粒に配合されています。
とのことで、購入してみました。
日本で製品を作っているのも安心ですね。
しかも、ちょうど良い期間だったのか、定価2000円が970円に。
緑イ貝SD 90粒(小粒)| ペットビジョン

明日届く予定です。
ちゃんと食べてくれるかな~

もし、ロイヤルカナン緑イ貝を使っていたけど、なくなった。
という方は、ペットゴー 緑イ貝SDが代替商品になるかもしれませんよ。

一応断わっておきますが、ペットゴーというメーカーの広告記事ではないですよ。

食べさせてみて、後日レビューを書こうと思います。

11月 14, 2011
admin

それいけ小型犬!の飛び込んでくる姿がカワイイCM

ペディグリーのCM。
「それいけ小型犬」のときの犬が飛び込んでくる姿が可愛すぎます。

今改めて見てみると、すぐにご飯食べてる感じが、
「結局ご飯目当てかい!」
ってなっちゃってるのが悲しい気がするけど。笑

10月 13, 2011
admin

ネスレ「犬向けのCM」

ネスレのペットフードCM。
このCMは、犬には聴こえるが、人間には聴こえない高周波数の音が含まれている。

ネスレ purina

犬向けの仕掛けとして、
3秒におもちゃのおと
5秒~ベルの音
そのあとに、犬向けに高周波の音が流されているそうです。

日本のテレビ局でこの高周波音を犬に聴かせる実験されていました。
この高周波の音に反応した犬は10匹中7匹。

犬向けといっても、
このCMが流れると犬が反応。→飼い主「買ってあげようかな。」
ってことらしい。
そして、このようなアプローチがされているCMがなかったことで、世界20ヶ国が報道したそうですよ。

ちなみに、日本の放送法では人間に聴くことができない周波数の音を放送することはできない。

8月 5, 2011
admin

ペットフード協会の支援

東日本大震災で多くの人が被災したとともに、犬や猫などのペットも被災しています。

ペットフードメーカーが中心となって活動している一般社団法人ペットフード協会は、震災以来毎月、ペットフードやゲージ、トイレシーツなどの支援を行っているようです。
6月25日時点で、
ペットフード約1665トンを被災地に送っているそうです。
(約293トン 5回、約200トン 1回)
293トンは13000頭の犬や猫が1年分の食料になるといいます。

一般社団法人 ペットフード協会
東日本大震災の被災における一般社団法人ペットフード協会の支援活動について

http://www.petfood.or.jp/Earthquake-disaster/

最近、被災地への支援がテレビなどで聞かなくなってしまいましたが、持続的な支援が必要です。
私達もできることや、おつりなどの小さな金額でも募金することで、支えになるかもしれません。
まだまだ、被災地は大変なようです。
少しでも早く人やペットの生活が元通りになればうれしいですね。

5月 17, 2011
admin

ペットフードの記載表示を見る!ペットフード安全法

平成22年12月2日以降製造されるペットフードは、ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)により、5つの表示が義務化されました。
名称、賞味期限、原材料名、原産国名、事業者名と住所
の5つの表示をペットフードにするよう義務付けられたのです。
これは犬・猫用のペットフードで、お店で包装されて販売しているすべてが対象になっています。

この5つ以外にも、ペットフードの目的、内容量、給与方法、成分などの情報もパッケージに記載されています。

犬、猫に合った食事をさせて、少しでも健康に長生きしてもらいたいですね。

5月 15, 2011
admin

ペットフードに含まれる添加物の役割

ペットフードに限らず、食べ物にはいろいろな添加物が含まれています。
添加物には主に「栄養のバランスを整える」添加物や、「品質を保つため」の店被る、「見た目をキレイにする」添加物などが使用されています。

栄養バランスを整えるための添加物

総合栄養食には、犬や猫が生きていくために必要な栄養基準があります。
この基準を満たすために、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養を強化するために添加物を使用されることがあります。

フードの品質を保つための添加物

この3つが腐敗防止の働きをしています。
保湿剤・・・最近の水分利用を制限する
ph調整剤・・・細菌を繁殖しにくくする
保存料・・・最近の繁殖を阻害する

他にも
酸化防止剤・・・酸化した油脂は体調不良の原因となるため、油脂の代わりに酸化してくれて無害な添加物
乳化剤・・・水分と油脂が均一に混ざり合うように使用される。

見た目をキレイにする添加物

増粘安定剤・・・しっとりした質感やゼリー状のとろみをつける。
発色剤・・・肉の鮮やかな色を保つ。
着色料・・・食べ物自体の色をつけ、キレイに見えるように保つ。
膨張剤・・・ふっくらした食感を保つ。

最近では、すべての原材料名の記載が義務化されているため、表示を確認すればどのような役割のためにどんな添加物が使用されているかわかりやすくなっています。
ペットフード安全法では、保存料、酸化防止剤、増粘安定剤、甘味料、着色料、発色料の6用途の添加物は、必ず用途名と個別名の両方が記載されるように定められています。
酸化防止剤の役割でミックストコフェロール(ビタミンE)が添加されていたら、「酸化防止剤(ミックストコフェロール)」と記載されています。

犬や猫は自分でフードを選ぶことができません。
安心で安全なフードを見つけるために、買う時にどんな添加物が使われているのか?
チェックしてあげると、長く元気で健康な体で生活できる可能性が上がるかもですね。

12月 17, 2010
admin

犬に与えてはいけない食べ物

犬は人間と同じく雑食ですが、犬に食べさせてはいけない食べ物があります。

犬に与えてはいけない食べ物

ネギ類(たまねぎや長ネギ)
アリルプロピールジサルファイドが赤血球が破壊し、血尿、下痢、嘔吐、発熱などを起こす場合がある。(大量に食べた場合)ネギのエキスが入っているものもNG!

チョコレート
チョコレートに含まれるテオブロミン(Theobromine)が犬にとって強い毒性がある。
嘔吐、下痢、発熱、けいれんの発作を起こす場合がある。
てんかん症の犬は、特に発作を起こしやすい。

キシリトール(ガムなど)

少量でも血糖値の低下、嘔吐、肝不全を起こす。
ブドウ糖と一緒の摂取だと、起こりにくい。(シュガーレスのガムは絶対NG)
ケーキや菓子でキシリトールを甘味料を使っているものもあるので、注意!
(犬用のケーキを購入する場合は、注意しましょう!!)

生卵の白身
白身に含まれるアビジンという酵素は、ビオチンというビタミンを破壊する。
皮膚炎、成長不良を起こす場合がある。
※加熱調理すれば、問題はない。

ぶどう、干しぶどう
ぶどうは、腎不全の原因になるようです。
特に、ぶどうの皮は食べさせてはいけない。
ぶどうが旬になると、知らないで食べさせてしまい、動物病院に運ばれてくる犬が多いそうです。

鶏の骨
鶏の骨は、縦に割れてしまうため、尖った部分でのどや消化管を傷つける(刺さる)場合があります。


何をしでかすかわからないのが、ワンコさんです。
気を付けていきましょう。

ちなみに、我が家の話ですが、散歩ルートにケンタッキーフライドチキンの骨が落ちていることがあります。
(カラスがゴミからあさってきたのかな!?)
うちのワンコは、しつけをおろそかにしてしまったので、拾い食いをすることがあり、相当注意が必要だったりします。

さらに、ぶどうの皮を包んだティッシュをごみ箱から取ろうとしているのを現行犯逮捕しました。
かわいいんですけどね。油断ならなりません。

Ads

カテゴリー