Browsing articles tagged with " 犬のために"
2月 8, 2011
admin

ペットオーナーの皆さんにお願い。

転載記事です。
転載元は、猫2匹とママ一匹

転載にご協力おねがいします。
多くの人に読んでもらいたいのです。

主にノミやチックを退治するとして売られている
シャンプーや体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし、
pyrethrins か、pyrethroids.
という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。

ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、
いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、
毛がはえてこなくなったり、という被害にあってることがわかりました。

日本でもきっとこれらの
のみとりのシャンプーや、蚤取りの薬は発売されてると思います。

絶対、絶対つかわないでください。
おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。

商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz

Pet Products Investigation


海外の商品で、2009年3月の記事なので、もう売っていない商品かもしれません。
誰かが間違って買ってしまう、売ってしまうリスクを少しでもなくすことができれば、と思いいまさらながら転載に参加させていただきました。
犬に身につけるものは、成分をしっかり確認することが大切ですね。

2月 7, 2011
admin

映画「犬と猫と人間と」


犬と猫と人間と

稲葉恵子さん(当時77歳)というおばあちゃんが生命保険の満期で入った1000万円で
「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」
と頼んで制作された映画です。
「なぜそんなに猫のことを?」
と問われた稲葉さんは、
「人間も好きだけれど…、動物のほうがましみたい。」
と答えた。
「生きているうちに映画ができればいい。」
と言っていた稲葉さんは2007年、映画が完成する前に亡くなってしまったそうです。

今、犬と猫は日本で2147万頭飼われています。
そんな中で、捨てられ、処分されてしまうペットが後を絶ちません。
1日1000頭近くの犬や猫が殺処分されいる現実があります。

ありきたりな言葉になってしまいますが
「いのちの大切さ」を教えてくれる映画です。

稲葉さんの
「人間より動物の方がましみたい。」
っていう言葉に共感と少しの寂しさを感じます。

1月 20, 2011
admin

犬や猫を虐待すると100万円以下の罰金!

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

動物の遺棄・虐待は犯罪です。ポスター

動物の遺棄・虐待は犯罪です。ポスター

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者

→1年以下の懲役または100万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者

→50万円以下の罰金

愛護動物を遺棄した者

→50万円以下の罰金

虐待には、
ケガや病気をしていても治療せずに放置する。
という行為も含みます。

愛護動物とは
人に飼われている「哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物」
飼い主の有無にかかわらず、全ての「牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる」

動物の愛護と適切な管理 環境省

無意味に人間の手によって不幸になる犬や猫などの動物が少しでも減ることを願っています。

そして、もっと罰則を厳しくしてくれてもいいのに!
と思います。

もし、動物の虐待を見つけたら、通報しましょう!

1月 19, 2011
admin

全国の迷子動物・譲渡動物を検索

地方自治体の動物保護センターや保健所などに収容されている迷子・譲渡犬、猫などの動物を検索できるサイトです。

環境省が運営しているサイト
収容動物データ検索サイト

検索できる自治体は
札幌市/青森県/秋田県/秋田市/福島県/茨城県/栃木県/埼玉県/船橋市/東京都/川崎市/新潟市/長野市/岐阜市/静岡県/豊田市/大阪府/堺市/広島県/広島市/徳島県/熊本県/熊本市

ペットとして飼われた犬や猫などの動物たちを、最後まで大切に育てて欲しいです。

12月 17, 2010
admin

犬に与えてはいけない食べ物

犬は人間と同じく雑食ですが、犬に食べさせてはいけない食べ物があります。

犬に与えてはいけない食べ物

ネギ類(たまねぎや長ネギ)
アリルプロピールジサルファイドが赤血球が破壊し、血尿、下痢、嘔吐、発熱などを起こす場合がある。(大量に食べた場合)ネギのエキスが入っているものもNG!

チョコレート
チョコレートに含まれるテオブロミン(Theobromine)が犬にとって強い毒性がある。
嘔吐、下痢、発熱、けいれんの発作を起こす場合がある。
てんかん症の犬は、特に発作を起こしやすい。

キシリトール(ガムなど)

少量でも血糖値の低下、嘔吐、肝不全を起こす。
ブドウ糖と一緒の摂取だと、起こりにくい。(シュガーレスのガムは絶対NG)
ケーキや菓子でキシリトールを甘味料を使っているものもあるので、注意!
(犬用のケーキを購入する場合は、注意しましょう!!)

生卵の白身
白身に含まれるアビジンという酵素は、ビオチンというビタミンを破壊する。
皮膚炎、成長不良を起こす場合がある。
※加熱調理すれば、問題はない。

ぶどう、干しぶどう
ぶどうは、腎不全の原因になるようです。
特に、ぶどうの皮は食べさせてはいけない。
ぶどうが旬になると、知らないで食べさせてしまい、動物病院に運ばれてくる犬が多いそうです。

鶏の骨
鶏の骨は、縦に割れてしまうため、尖った部分でのどや消化管を傷つける(刺さる)場合があります。


何をしでかすかわからないのが、ワンコさんです。
気を付けていきましょう。

ちなみに、我が家の話ですが、散歩ルートにケンタッキーフライドチキンの骨が落ちていることがあります。
(カラスがゴミからあさってきたのかな!?)
うちのワンコは、しつけをおろそかにしてしまったので、拾い食いをすることがあり、相当注意が必要だったりします。

さらに、ぶどうの皮を包んだティッシュをごみ箱から取ろうとしているのを現行犯逮捕しました。
かわいいんですけどね。油断ならなりません。

12月 13, 2010
admin

犬の歯が折れる。。。病院へ!

まだうちに来たばかりのミニピンの三女「あん」が早速やってくれました。
ゲージから出して欲しくて、ゲージの入り口部分を齧りまくっていたのですが。。。
急にキャインという鳴き声が!
見てみると、しきりに舌をペロペロと・・・

口の中を見てみると、犬歯が1本折れてる~。

その日の動物病院はやっていない時間だったので、1日様子をみて病院へ。

結果は
「乳歯なので問題ない。」
とのことでした。
とりあえず、よかったぁ。

しかし、大人の歯(永久歯)なら歯の神経を抜いたり治療が必要になるというお話でした。
(人間の歯の治療とほとんど同じだそうです。)
しかも、犬の歯科は札幌で1ヶ所しかやってくれるところがないそうです。
治療費も10万円~かかるとのこと!!

犬の歯には、気をつけましょう。
しっかり歯磨きもしたほうが良いですね。

11月 11, 2010
admin

犬の自殺名所?

「犬が飛び降り自殺する橋」として世界的に有名になってしまった橋があるそうです。↓↓

オーバートンブリッジ

オーバートンブリッジ

イギリスはスコットランドの邸宅と街をつなぐ橋「オーバートンブリッジ」では、なぜか犬が飛び降り自殺してしまう。
1950年代から犬の飛び降りが起こり始め、現在まで50頭以上の犬が命を落としている。(橋の高さは13m)
特に晴れている日が多い。

動物行動学者ジョイス・スチュワートさんによると、
「犬の自殺など考えられません。犬は通常どこかへ飛び降りる前に高さや深さを目測する能力があります。死期が近いことを悟った犬がどこかに身を潜めるということはありますが、犬が自殺する話など聞いたことがありません。」
と犬の自殺に首を傾げる。

スコットランド動物虐防止協会のスポークスマンは、犬の自殺説をまっこうから否定。
犬が橋から飛び降りるのは、飼主の管理不届きに原因があると指摘している。
「その橋の周囲に犬の興味を惹く何かがあるのかもしれません。」

犬が橋から飛び降りてしまうのは、霊的な現象なのではないか?
と考えられた。
(さすがイギリス!)

その背景には、1994年にケヴィン・モイが生後2週間の自分の息子を反キリスト教者としてこの橋から放り投げた事件があった。
その事件後、橋に霊的なものが潜んでいるのではないのか?
と考えられた。

なぜ、橋から犬が飛び降りてしまうのか?
動物行動学者が検証したそうです。

犬は、飼い主の気持ちを察して行動したり影響されたりする。
飼い主が、うつ状態であれば、犬も気持ちを察し、影響されうつ状態になることがある。
うつ状態になった犬が、飼い主の代わりに橋から飛び降りた。と仮説が持ち上がった。

しかし、飼い主にうつ状態だった人はいなかった。

そこで、川で繁殖している動物たちを調べてみた。
川には、多くのネズミやミンクが繁殖していた。
さらに調べてみると、犬は、川に繁殖しているネズミなどの動物よりも、ミンクのにおいに最も反応を示した。
ミンクについて調べると、「オーバートンブリッジ」の下に流れる川では、1950年代頃から繁殖を始め、その後、大繁殖していたことがわかった。
ミンクは、縄張り争いの際に、肛門からにおいを発する。
そのにおいが強力で、13mも上の橋まで届き、犬が本能的に反応し橋から突然、飛び降りる。
という行動をさせてしまったのだそうです。

現在、「オーバートンブリッジ」では
「危険な橋。犬の散歩の際には、絶対リードを離さないで!」
という看板を立てて対策している。

結局、「ミンクの強力なにおい」と「犬の嗅覚の良さ」が最悪の条件になって引き起こされたのです。
犬もミンクもいつもの生活・反応をしているだけなのに、条件次第でこんな悲惨な事件になってしまう。
今後、飛び降りてしまう犬がいなければいいと、本気で思います。

10月 21, 2010
admin

犬のためにできること クリック募金

今、犬のためにできることをよく考えます。
人間がひとりでできることは限られているので大したことはできませんが、少しでも犬のためになることをしたいと思います。
犬と生活をしている人は、わかってくれる思いではないでしょうか?

今すぐ、犬のためにできることがあります。
それは、『クリック募金』というものです。
1クリックすると、あなたにかわって「価格.com」が1円を日本盲導犬協会に募金してくれます。
(1日1クリックまで)
クリック募金|価格.com

日本盲導犬協会への募金は、犬のためだけではなく、人のためにもなりますね。
日本盲導犬協会

ページ:«12345

Ads

カテゴリー